admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポ6日目-2
午後はオランジェリー美術館です。
ここは今回第二のメインポイント。
あまり意味をなさない荷物検査を受けて、切符を買い中へ。
どの美術館も大抵同じ大きさの切符だし、売店も同じマーク。
統一されてるのかな?

まず、睡蓮の間へ!(写真:1)
睡蓮というモチーフ自体東洋のものなので神秘的で、
さらにモネがつけた絵の題名が男性名詞の「睡蓮」を女性名詞にした造語で
水の妖精のニンフとかけているらしいので、神秘的加減が半端ではないらしい。
睡蓮が東洋的ということ自体ピンとこないけど。
だって、日本には少ないし、蓮の方が一般的に見るから。
睡蓮という単語ははモネの絵で知ったようなものだから…。
06_08.jpg

改装したオランジェリーは本当に光の美術館になってました!
印象派、とくにモネを飾るのならこうでなくっちゃね!
モチロン写真をとってもいいのでばしゃばしゃ撮りました。(写真:2)
自分の目でも充分見たし、何しろ360゚×2(一部屋につき4枚×2部屋)っていうのは本当にすばらしい。
何度見てもいい。何度でも見たい!
ああ、ジベルニーとこれがあるだけで、フランスに住みたい!って(私に)思わせるのに充分!
06_09.jpg

オランジェリーはほかの印象派の絵画もたくさんあるので、
他の階もモチロン見て廻ります。
でも、睡蓮ほどの情熱はないけど。まぁ、折角来たのだし。
セザンヌだのルノアールだの、やっぱ見とかなきゃ。(写真:3)
06_10.jpg

もう一度、睡蓮の間に行ってもいいか、旦那氏に聞いて、再び睡蓮の間へ。
は~。1日居たい…。

と、満喫したところで、オランジェリーを後にしました。

そして、コンコルド広場を通って、シャンゼリゼ通りを歩くことに!
こっちから行く方が上り坂なんだけど、しょうがない…。(写真:4)
06_07.jpg
モンマルトルの丘は今回は行きませんでしたが、街のいたる所からサクレ・クール寺院が見えます。
(多分、サクレ・クール寺院だと思ってるだけで、実際は違うかも。)

ルノー(車のメーカー)のショールームを目指しているので、とりあえず、地図と見比べながら凱旋門に向かって左側を行きます。
ルノーの綴りがわからなかったので、フランス初日から行き交う車に目を凝らしていましたが、
やはり、海外。プジョーとか普通に走ってます。
すっごくボロッちいプジョーとかが…(笑)
ホンダは殆ど見なかった。一番多かったのは日産かな。
でもスバルもダイハツも走ってました。
そこで、一番わからなかったのが、ダイヤモンド印の車。
すごく走ってるから、国産だろうと思ったけど、車の名前しか書いてなくて、
どこにも会社の名前が書いてない~
何日目かにようやくRENAULTという綴りを発見!
すごくルノーっぽい!旦那氏に聞いたら、あ~そんな感じ!というので、たぶんこれで大丈夫だろうと。
と、いうわけで、RENAULTを探してキョロキョロ。
途中、ルイヴィトンとかを通り過ぎながら、(年間売上の大部分が日本人らしい)
ようやく見つけてちょっと中に入って見るも、レイアウトに変更中のようで、全然たいした物はみれず。
ザンネン。でも明日の予定では2階のcafeに寄ることになってます。

場所を確認したら、そのまま凱旋門に向かって行って、写真撮影。(写真:5)
なんだか丁度、パレードがあってました。
凱旋門はよくこういう系の式典みたいなものがあっているような気がするので、
遭遇した人は多いのではないでしょうか?
ここで、外国人カップルに写真を撮って!良ければ君らも後で撮ってあげるから、良ければね。
と言われ、撮ってあげて、撮ってもらう。
でも、うちのデジカメは省エネモードになっているので、すぐ画面がおちて真っ暗になるんだよね。
撮ってもらう時は上手い事戻すか言うかしないと。
で、撮って貰った写真はブレてた。
06_11.jpg

途中、クレープ屋でシュガーバター味のクレープを買いました。(写真:5)
これは前回来た時に食べて感動した味。もう一度食べたかったんです♪
メトロの入り口はたまにこんな風になっています。(写真:5)
モネ(印象派)の次に好きな画家がミュシャ(アールヌーボー)な私にはたまらん造形美ですな!
本当はそういうの、見て廻りたかったんだけど、
時間もないから見ないつもりで、どこにあるかも知らなかったけど、偶然見れてよかった!

次はエッフェル塔。上まで登っちゃいますよ!
続く



ほえ~、モネの睡蓮美しいですね。
見とれてしまいました。
ミュッシャのメトロの入り口も素敵です。

【2009/08/03 21:42】 URL | ふく #YgmSPheQ[ 編集]
e-63ふくさん
そうなんです!美しいのです!!
もう涙が頬をつたうほどの美しさです!
パリは色んな面を持っていて、とっても面白い街です♪
【2009/08/04 19:46】 URL | Tweety #4KzfxyHE[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 GIVERNY Blog, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。